「用語集」の記事一覧

どこまで凡例で表現するか

前回は凡例とはなにか?について色々と書いてみました。

躯体図を書く際の手順を考えると、凡例は割と最後の方に作図する人が多いんじゃないかと思ってます。

躯体図の作図手順について色々な人に確認した訳ではありませんが、少なくとも私の場合はそんな感じです。

で、躯体図の作図が終盤を迎え「そろそろ終わるな…」と思っている時に、凡例を用意するのを忘れていることに気づく。

これが何故か意外に多いんですよね。

躯体図を書くのは私の仕事ですから、それこそ何度も何度も作図をしては完成させている訳です。

それなのに、結構な確率で忘れるのはなぜだか分かりませんが…終わったと思った後に作図する凡例がまたメンドクサイんですよね。

もちろん昔に作った凡例を使い回すので、それほど大きな手間という訳ではないですけども。

それなら最初から用意しておけば良いんですよね、本当は。

凡例

躯体図の書き方というとで、基礎伏図に人通口や連通管を記入する説明をしていた際に「凡例」という言葉が出ました。

説明をする際には割と普通に使っていたのですが、良く考えてみるとあまり一般的な言葉じゃないかも知れません。

ということで今回は、躯体図に限らず建築施工図とは切っても切れない関係にある「凡例」について説明します。

増打ち・打増し・フカシ

今回紹介する建築用語は「増打ち」です。

読み方はそのまま「ましうち」で、人によっては「打増し(うちまし)」と呼んだり、「フカシ」と呼んだり。

建築用語に良くある、色々な呼び方があるというパターンです。

建築施工図を作図する上で、きっと良く耳にする言葉になるはずですので、ここで全部ひとまとめにして覚えてしまいましょう。

主に躯体図でよく使う言葉になりますが、仕上図でも出てくる事があるので、そのあたりについても書いておくことにします。

構造体

「構造体」というのは、建築施工図を作図する際、特に躯体図を作図する際に良く出てくる言葉です。

建物の骨組みを造る上で欠かせない躯体図。

詳しくは他のカテゴリーで説明をしていますので省略しますが、躯体図を作図する上で「構造体」は非常に重要な要素なんです。

これを知っておかないと怖くて作図が出来ない、というくらいに。

とは言っても、それほど難しい話でもありませんので、今回はこの「構造体」について説明していきます。

N値(エヌ値)

建物が建つ場所の地盤がどのような状態なのか、というのは、建物の構造を考える上で結構重要な要素です。

このサイトで扱っているのは建築施工図についての情報ですから、建物の構造をどうするかに悩むことはありません。

が、建築施工図には「杭伏図」がありますので、まるっきり無関係という訳じゃないんですね。

杭のレベルを考える上で、地盤の固さを表す「N値」は欠かすことの出来ない要素なんです。

知識として知っておいて損はないと思うので、ここでさらっと概要だけ掴んでおきましょう。

通り芯

このカテゴリでは、建築施工図についての説明をしていく中で色々と出てくる言葉の解説をします。

建築施工図の説明をしている途中で毎回言葉の説明をしていくのは、多分テンポが良くないはず。

そして何より書いてる私がやりにくい…ということはつまり読みにくいということです。

なので、分かりにくい言葉が出てきた段階で、別のカテゴリであるこちらにその説明をしていくつもりです。

そうすると私がやりにくいのはあまり変わりませんが、読む側はテンポ良く進んでいけるんじゃないかと。

という訳で、まずは建築現場の基本である「通り芯」の説明から言ってみることにしますか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ